どんなに忙しくても「メモのタイトル」だけは書いておく。

教師手帳
この記事は約2分で読めます。
かに先生
かに先生

やっと一学期が終わりました・・・。

お疲れさまです、みなさん。

最近は本当に忙しくて、夏休みになってようやく少し時間が作れるようになりました。

これまでのことを振り返る時間がもてるようになってきました。

手帳にメモのタイトルを書いておいたからです。

どんなに忙しくても手帳を書く理由

残念ながら、忙しすぎて手帳を書いている暇さえない、という方もいらっしゃると思います。

しかし、どんなに忙しくてもメモは残しましょう。詳細が書けないならばタイトルだけでも残しましょう。あとから内容を思い出せる「タイトル」を書いておきましょう。

私の好きな名言の一つに、ガリレオ・ガリレイの「書きとどめよ」があります。

書きとどめよ。議論したことは風に吹き飛ばしてはいけない。

ガリレオ・ガリレイ

 

今やっている仕事に価値を与えたいのなら、手帳に書いてから取り組むようにしましょう。

手帳に書くほどでもないなと思って書かないでいると、その仕事には価値がなくなってしまいます。

手帳に書くことで、後からその仕事を振り返り、その価値や意味や学びをフィードバックできるようになります。

 

一言あるだけで後から価値が生まれる

「テストの採点35枚」というだけで、後から、あのとき採点に追われていたのだなとわかります。

前後のメモを見れば、なぜタイトルしかかけないほど追い込まれていたのか、後から分かります。

さらに「テストの採点35枚、45分」と書いてあれば、35枚の採点に45分かかった。つまり、1枚1分ちょっとかかっている。もっと早くするにはどうすればいいか。と考えることができます。 

メモがなければ、せめてタイトルがなければ、大雑把に(採点大変だったな~)という日記しか残らないかもしれないのです。

 

タイトルを種として手帳に蒔く

タイトルはつけたものの簡単に終わってしまうタスクもあります。しかし、それはメモとしてそこに残ります。

後から、ゼロ秒思考のテーマになったり、マインドマップの中心(セントラルイメージ)になったりして、深堀りすることもできます。

さらに他の結びついて、「プロジェクト」として新しいリフィルを作ることになるかもしれません。

 

メモのタイトルは種です。いつかその小さなメモから、新しい何かが生まれるかもしれません。

その芽を摘んでしまわないためにも、どんなに小さなことであっても、タイトルを付けて残しておいてあげることが大切だと思います。

少なくとも、手帳に書くだけの価値ある仕事にすることができます。

あみ先生
あみ先生

さぁ、手帳を開きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました