【教育実習生へ】5日目への所見と解説

現職教育担当として

こんばんは、katooです。

かつて教育実習生を引き受けて、学級担任の仕事などを話したことがありました。

毎日放課後になると、教育実習生が「実習日誌」をもってくるので、私も手書きでコメントを返していました。

そのときの下書きがパソコンに残っていたので、公開したいと思います。

これから教育実習に向かう大学生、教育実習生の指導に行う先生の参考になれば幸いです。

 

5日目、教育実習生へのコメント

毎日、生徒全員に声を掛ける余裕のないのが実情です。

生活記録ノートの交換にはさまざまな教育的意味があり、

生徒との貴重なコミュニケーションになったり、

生徒の自己管理能力を高めたりできます。

そして毎日の変遷の中で、生徒の悩みやトラブル発見にもつながります。

先生は多忙ですが、生徒の一生の宝となるかもしれません。

がんばりましょう。

  

コメントの解説・意図

生活記録ノートというのが一般名称か分かりませんが、さまざまな生活ノートが出されていますね。各社、いろいろな工夫があって、手帳選びのようで楽しいです。

生活ノートをきちんと書く生徒は、忘れ物も少ないですし、精神的にも落ち着いている、生活も安定していると言えます。

書いてくれるだけでもありがたいので、書かないからといって叱ったりはしません。

私の助言やコメント、私との交流を必要としていないんだな、と感じて少し寂しかったりします。

しかし、何も書かなくても普段から提出させておくことで、生徒が何かあったときに、担任に書いて知らせることができます。

普段から出していないと、突然提出したときに、周りの生徒に「どうしたんだろう?」などと余計な詮索をされることが心配されます。

ですから、根気強く提出するよう促しています。

昔、1年間だけ受け持ったクラスの生徒が、成人式で会った時にこんなことを言いました。

「わたし、先生の書いてくれた生活ノートだけは捨てずに取ってある。
3年間できちんとコメントを書いてくれたのは先生だけだった。」

こう言われてしまったら、こちらももう手を抜けません。

私自身も中学時代の生活ノートは捨てずに持っていますが、確かに担任はいろいろなことを書いていてくれました。

ちなみに、上記の生徒はその後、保育士になりました。今では連絡先も知りませんが、元気に頑張っていることを願っています。

  

コメント