教師なら身につけたいアンガーマネジメント

NLPの活用

「アンガーマネジメント」という言葉は、だいぶ知られていますね。

えび先生
えび先生

よく聞きますね。本も読みましたよ。

1970年代のアメリカで、心理トレーニングとして開発されたものだそうです。

かに先生
かに先生

すでに50年も前からあったんですね。

アンガーマネジメントは、教師なら身につけておきたい技術です。それは自分のためでもあり、生徒のためでもあります。

自分の感情をコントロールして、冷静な言動に切り替えることは大切です。また、怒りをコントロールするのが苦手な生徒に助言してあげることもできます。

この記事では、アンガーマネジメントについてまとめておきます。

 

怒りをコントロールする目的は?

「アンガーマネジメント」は「怒らない」ことではありません。

「怒りをコントロールする」ことです。

怒りはエネルギーになりますが、それを破壊的・否定的な負のエネルギーにするのではなく、生産的・肯定的な正のエネルギーとして利用することです。

 

怒りがコントロールできないと、

  • 本人や周りのストレスが溜まる。
  • 人間関係、職場環境が悪くなる。
  • コミュニケーションが滞り、生産性が下がる。
えび先生
えび先生

いいことありませんね。

かに先生
かに先生

せめて職員室は風通し良くしたいです。

アンガーマネジメントを身に着けて、怒りをコントロールして、相手に効率的に不満や要求を伝えられるようになりましょう。

 

怒りがわいてきたときの対処法

突発的に怒りそうになったときの対処法について、5つ紹介します。

6秒ルール

怒りの感情は6秒でピークを過ぎていきます。なんとか頭の中で6秒数えて、感情が収まるのを待ちましょう。

かに先生
かに先生

6秒って長いような短いような時間ですね。

えび先生
えび先生

たぶん、これができたら一番いいのでしょうね。

それがなかなかできないんですよね~。

その場を離れる

その場から離れて、怒りの対象を視界の中からはずすことで、冷静さを取り戻します。

生徒同士のケンカのときには、当事者を別々の部屋へと連れていきますね。

かに先生
かに先生

相手がいるのに、矛を収めるのは難しいでしょう。

怒りを点数化する

今の怒りが、10点満点のうち何点かに意識を向けるようにします。点数化することで、それだけ自分を客観的に見れているといえます。

深呼吸する

意識的に深呼吸します。深くゆっくり呼吸すると、副交感神経が働き、感情が落ち着いてくるそうです。

えび先生
えび先生

わたしはこれですね。生徒にわからないように、

ゆーっくり深呼吸しています。

 

他のことを考える

持っている赤ペンとか、壁に貼ってある掲示物など、近くにあるものに意識を向けます。

ペットの名前や、好きなアニメのことなど、関係のないものを唱えることで、そちらに注意を向けるのも手です。

 

怒りへの対処法まとめ

アンガーマネジメントの具体的な方法を5つ紹介しました。

怒りへの対処法

  • 6秒ルール
  • その場を離れる
  • 怒りを点数化する
  • 深呼吸する
  • 他のことを考える

他にもあると思うので、また追記していきます。

怒りをコントロールして、プラスのエネルギーとして生かしていきましょう。