アンガーマネジメントで「怒り」をプラスのエネルギーにする

NLPの活用

怒りをコントロールすれば、プラスのエネルギーとして生かすことがでます。怒っていけない、というわけではないのです。

かに先生
かに先生

怒りってエネルギーになりますよね。

えび先生
えび先生

怒りがわいたときに、エネルギーに変えるにはどうしたらいいんですか?

ここでは怒りの感情をプラスに活かす方法を3つ紹介します。

 

1 自分と他人は別と考える

「○○すべき」という理想が強い人ほど、怒りが生まれやすいものです。

「どうして○○ではないんだ」ではなく、「そう考える人もいるんだな」と受け止めてみましょう。

つまり、自分と他人は別の人間なのだから、自分の思い通りになるわけがない、という事実を受け止めましょう。どうしようもないものは、どうしようもないのです。

 

2 怒りを分析してみる

感情的に怒ってしまったら記録をつけ、自分がどんなことに怒りを感じやすいか「見える化」してみましょう。

書き溜めたら、あとから時間をとって振り返ってみます。そこから自分が何にイライラするのか、ムカッとするのか、探っていきます。

手帳の1ページにそういうリフィルを用意するか、メモや付箋に一つずつ書いていってみましょう。

それが分かれば、自ら怒りスイッチを押しに行くことは減るでしょう。

 

3 怒りの伝え方を変えてみる

これは上2つと違い、相手にアプローチするときです。

相手の性格や能力を否定する言い方ではなく、怒りの対象となった行動とその結果を話すようにします。

自分が何を求めていて、何を理解して欲しいのか冷静に伝えましょう。

「でも」や「しかし」など、逆説の接続詞を使わないようにします。「それでは」や「あるいは」など、順接や並列の接続詞で話を続けようとすると、否定的な言い方になりにくいです。

 

 

かに先生
かに先生

それでも、怒ってしまったらどうしたらいいのでしょう?

えび先生
えび先生

そもそも怒っちゃダメとも言い切れませんよね。

そでれも怒ってしまったら?

怒りを自分に向けてしまうと、自己否定、自己嫌悪に陥ってしまいます。それではせっかくのエネルギーがもったいないです。

さいごに、怒りを肯定的に受け止める考え方を紹介します。

怒ることは悪いことなのか?

アンガーマネジメントでは、怒らないことを目的とはしていません。怒りの感情をプラスの感情へ変えたり、怒りを適切に表すことで、良い効果となる場合も多いにあるからです。

自分の価値観に気づく

怒るということは、その対象に対して否定しようとする価値が根底にあります。

それは何でしょうか?怒りの感情を「鏡の法則」に照らして深掘りしていくと、自分が大切にしたがっているさらに深い価値観に気づけるでしょう。

行動の原動力になる

怒りは、悲しみや喜びより強いエネルギーを持っています。批判や失敗した時の悔しさが、やる気のモチベーションになります。

他人を変えることはできません。そこに注力するよりも、変えられるものに意識を向けます。つまり自分と未来です。価値観に気づくだけでなく、さらに自分の行動を変えることにつなげましょう。

真剣さや重要度が伝わる

他人を変えられないからといって、伝えていけないわけではありません。

怒りを込めた伝え方が良い場合があります。相手に、相手自身から(自分を変えよう)と思ってもらえればいいわけです。

「これだけは言わないといけない」というとき、真剣味がないと相手に軽く受け止められ、その気にさせることが難しいです。

「そして」や「つまり」と添加や言い換えの接続を使用します。ちょっと試してみてください。

  

「怒り」はあなたにとって、損をもたらす感情と言い切れません。場合によっては価値観の種、行動の原動力にもなります。コントロールできれば、あなたの人生を、良い方向へ変えられるかもしれません。

自分の「怒り」に手を焼いている方は、イライラの少ない充実した人生を過ごすために、アンガーマネジメントを実践してみてはいかがでしょうか。