3年生

理科の工夫・改善

だるま落とし、昔のおもちゃは理科の授業の導入に丁度いい。

慣性の法則で必ず出したくなるのが、「だるま落とし」です。 ほとんどの子ども達が知っています。 知ってはいますが、実際に遊んだことがあるという子どもはほとんどいません。   そんなわけで、本物のだるま落としを用意してあげます。 授業の導入で、教師の手本(意地)を見せるために、ある程度練習しておくといいです。 1段でも成功すると拍手が起こります。 そして、それなら自分でもできると名乗り出てくる子どもがいます。もしくは指名してあげます。 ...
進路指導担当として

【面接指導】礼法で失敗してしまったらどうするか

面接の礼法に失敗というものはない。 「ああ・・・まちがえた。先生、もう一回、入るところからやらせてください。」 面接練習が始まった途端に、このように言う生徒が多いと思いませんか。 1 ドアをノックをする。2 中から声が聞こえたら、両手でドアを開ける。3 敷居を踏まないように中に入る。4 「失礼します」と言って、一礼する。5 椅子の左側まで歩いていく。 礼法指導のプリントやテキストにはそのようなことが書いてあります。分かりやすいイラスト付きで。...
進路指導担当として

【面接指導】高校受験の面接で「中学校の思い出」を聞かれたらどうするか?

3年生の学級担任として面接指導をすることがあります。どこの高校でも聞かれる定番の質問については、答えられるように指導しておく必要があります。そのためにはその質問の意図を理解しておくと、生徒も納得してくれます。今回の質問は、 面接官「中学校での一番の思い出は何ですか?」 ド定番の質問だと思います。これを答えられない受験生は面接練習が足りません。 「はい。文化祭です。・・・・・・(沈黙)」 これではダメです。確かに質問には答えていますが、この回答は残...
進路指導担当として

【面接指導】高校受験の面接で「苦手教科」を聞かれたらどうするか?

3年生の学級担任として面接指導をすることがあります。どこの高校でも聞かれる定番の質問については、答えられるように指導してあげる必要があります。そのためにはその質問の意図を理解しておく必要があります。今回の質問は、 面接官「あなたの苦手な教科はなんですか?」 です。こんな風に自分で質問しておいて、 「はい。わたしの苦手教科は理科です。」 なんて、自分の教科が言われるとちょっと凹みます(笑)。 高校側は手元に調査書や志願書を持っているはずです。評定...