【平成29年度】卒業文集原稿「風に立つライオン」を書きました。【先生向け】

自分自身について
この記事は約7分で読めます。

平成29年度の卒業文集に寄せた原稿です。A5横サイズで、けっこうフォントサイズを小さくして収めています。改行の位置や行間は見やすくなるように変えてあります。先生方の参考になれば幸いです。

 

この文集原稿を書いた年は、3年生の学級担任をしていました。小規模校だったので1年生のときから3年間もちつづけた学級です。

1年生のときから「震災学習」に取り組んできました。学習旅行や修学旅行を利用して校外学習にも取り組み、被災地の方々との交流や、大学の先生にワークショップにも挑戦しました。

「震災学習」を総合的な学習の時間の中心にして、学活や道徳で扱えそうな内容はそちらでも行いました。インタビューの仕方を学んだり、シンキングツールで自分と友達の考えを比べたり、文化祭で発表する劇の台本づくりに取り組んだりしました。

自分の思いを実現できた学年、自分の思いを受け止めてくれた学級でした。苦労もあったけれど、それ以上のことを学ばせてもらったように思います。あの3年で、自分も大きく変わりました。そんなときに、生徒たちに向けて書いた文集です。

卒業文集原稿「風に立つライオン」

風に立つライオン

「担任の先生がよく言っていることは何ですか?」

面接で生徒が質問されたときに困らないように、自分の決め台詞を考えないと…、なんて思って数年。

私が行きついたのは「プラスアルファ」だった。

「いつもの掃除にプラスアルファしないときれいにならないよ。」
「自主勉にプラスアルファしないと点数伸びないよ。」
「部活でプラスアルファの練習をしないと人より上手になれないよ。」

そんなことを語ってきた(つもりです)。

 

プラスアルファ…日本語だと、「さらに加えて」だと思う。

他人の2倍も3倍も努力することはできないけれど、あと一割くらいなら頑張れそうだし、昨日の自分より1%増やすことはできる。

今回は前回よりもできるように、もう一歩前進できるように。

小学生のときは剣道をやって竹刀を構えていた。中学生になると野球部でキャッチャーミットを構えていた。高校の吹奏楽部ではトランペットを構えていた。大学生になるとカメラを構えるようになった。

いつも何かを構えて、あと一歩、何かに手を伸ばそうとしている自分がいた。

相手に向かって、相手の胸に、相手の耳に、相手の心に、何とか手を伸ばそうとしていた。

そして、剣道から心技体を常に鍛え、整えること、野球から恐怖を乗り越え、正しい判断をすることを学んだ。吹奏楽からは調和と主張、理想と現実、カメラから世界の見方と歩き方を学んだ。

 

大人になって、道具に頼って人と関わってきた自分に気づいてからは、カメラがなくても人に近づくために、何も持たない自分と向き合い、勇気をふりしぼる毎日だった。

頼れるものは、この、低くて、小さくて、聞き取りにくい、声しかなかったのだ。

何と声を掛けようか、何と言ったら傷つかないか、何を話せば自信がつくか、どんな言葉を使えば分かりやすいか。

あと一言何と言ったらいいか…、言葉と向き合う日々だった。

毎日にらめっこしている手帳には、そんな試行錯誤のメモがいくつも残っている。

 

小さな頃からの夢を思い出してみると、お寿司屋さん、大工さん、ゲームライター…、中学生のときは小説家、高校生で教師となり、大学ではカメラマン、大学院で「やっぱり教師」となって今に至っている。

幸運なことに、いつも自分には夢があって、それに向かって歩いていた。

夢の一つ一つは泡のように小さな点だけれど、その点が一日一日の点とつながって線となり、振り返ってみると、今の道につながっている。

大学教授に「点で線を書くくらい実験をしろ」と言われたが、それは人生も同じだと、大学を卒業して二十年経って気が付いた。

 

今でも夢がある。今でも寿司職人には憧れるし、大工さんは尊敬している。

そしていつかは(中二病と笑われそうだけれど)ゲームや本の世界ではなく現実で、世界を救いたいと思う。

まずは目の前の世界を何とかして、仲間を増やすステージにいる。

 

風に立つライオンになりなさい。

自分の判断に勇気を持ち、結果を謙虚に受け止め、次に向かって全力を尽くす。そしてできれば、プラスアルファする。人生はその繰り返しです。

時間は有限でも、夢は連鎖しています。

エネルギーは有限でも、宇宙は循環しています。

涙は有限でも、笑顔は伝播しています。

自分の足で立ち、世界を見に行きなさい。

 

あなた方と一緒のクラスで過ごせたことを、本当に嬉しく思う。ありがとう。

 

文集「風に立つライン」を書くにあたって

タイトルはさだまさしさんの「風に立つライオン」から来ています。同名の小説や映画もありますので、いずれかを鑑賞する価値はあると思います。

「風」はわたしのなかでは、結構大きなテーマだと思います。どうして風は吹くのか、この風は何を伝えようとしているのかとよく考えています。

それと、「風」はこの学級にとっても一つのテーマでした。彼にこのメッセージが伝わっているといいなと思いながら書きました。彼と、彼女たちを、勇気づけられたらいいと願っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました