教育実習

教育実習

【教育実習生へ】3週間がんばった先生にねぎらいを

こんばんは、katooです。 かつて教育実習生を引き受けて、学級担任の仕事などを話したことがありました。 毎日放課後になると、教育実習生が「実習日誌」をもってくるので、わたしも手書きでコメントを返していました。 そのとき...
教育実習

【教育実習生へ】14日目の所見と解説

3週間、本当にお疲れさまでした。先生から多くのことを学び、気付くことができました。例えば自己開示の大切さや、明るく快活な雰囲気、フットワークが軽く、謙虚に学ぶ意欲に富んでいること。
教育実習

【教育実習生へ】13日目の所見と解説

道徳では「そのとき、何を大事にしたの?」と、生徒の外部(経験)から表層(感想)に入り内面(価値)に迫ることが大切です。体験しないと真の学びはないかもしれませんが、少しでも生徒の経験に関連付けるために、
教育実習

【教育実習生へ】12日目の所見と解説

理科室のどこに立つと、目の前の生徒と全体がバランスよく見られるか、私も注意して動いています。また目は前でも、耳は全体に向けておくことも大切です。
教育実習

【教育実習生へ】11日目の所見と解説

不登校問題の原因は多種多様で、生徒によって全く違います。しかし、我々は社会と調和して生きるために、他者との交流を断つことはできません。
教育実習

【教育実習生へ】10日目への所見と解説

教師とは「職業」であり「生き方」なのです。勤務時間以外も、食事やTVや友人と遊ぶ時間でさえ、頭の片隅で教育や授業について考えたり、生徒に関連付けたりしています。自分の生き方が生徒に伝播するならば、自分の人生を自分の手で切り開こうとする先生の姿勢は、最大の教材です。
教育実習

【教育実習生へ】9日目への所見と解説

生徒を信頼し任せることで、生徒は自信と勇気を身につけ自立に向かいます。ただし、指導しないのではありません。必要なことはきちんと教え、いつでも手を貸し、声を掛けられるところで見守るのです。
教育実習

【教育実習生へ】8日目への所見と解説

生徒との関わりの中で、生徒の課題を見つける姿勢は素晴らしいです。そこから、どのように課題に気付かせ、自ら解決に向かわせるか、計画的・組織的に援助し、生徒に内在する力を引き出すのが教師の仕事です。授業は発問が命ですね。
教育実習

【教育実習生へ】7日目への所見と解説

どのような場面でどのような学習形態が適切か考えておくことで、授業が活性化します。個人の意見でも、ペア、学習班(4人)、生活班(6人)、チーム(10人程度)、全体へと広げて練り上げていくことで、生徒が自信をもって発言できます。
教育実習

【教育実習生へ】6日目への所見と解説

「試してみることに失敗はない。」という言葉が好きで、生徒たちに伝えています。勇気を出して試してみないと何も分からないし、失敗だと思えば戻ればいい、しかも学んで戻った場所は少し違った価値を持ちます。生徒の自立にとって大事なことは、物事の成否ではなく挑戦への勇気です。